キレイモの値上がりがハンパない!内容に見合う料金なのか確認してみた

キレイモの料金プランは、2019年11月6日に改定されました。
この料金プラン改定で、キレイモは脱毛業界でも過去に類を見ないほどの値上がりをしています。

キレイモでの全身脱毛を目標にコツコツと毎月貯金していたって方もいらっしゃるかもしれませんが、この値上がりで料金が一気に高くなったので、途方に暮れているんじゃないでしょうか?

脱毛サロンの値上がりでまだ記憶に新しいのが、ミュゼの通常料金1.5倍への値上げです。
ただ、半額キャンペーンが利用できる分、値上がり額自体も半減できました。
ハッキリ言って、キレイモの値上がりのインパクトはミュゼの1.5倍をはるかに上回っています。


キレイモの値上げ前の料金(税抜)
回数 料金 単価
6回 114,000円 19,000円
12回 212,040円 17,670円
18回 290,700円 16,150円
スペシャルプラン 324,074円

キレイモの値上げ後の料金(税抜)
プラン 料金 単価
1年8回コース 237,800円 29,725円
2年16回コース 392,000円 24,500円
スペシャルプラン 562,000円

キレイモの値上げ前後の料金表を見ても分かるように、6回が8回になっただけなのに、金額は123,800円も値上がりしています。
たった2回が、値上げ前の6回分以上の金額に相当します。

キレイモは確かに最安値レベルの脱毛サロンではありませんでしたが、それでも平均的な料金設定がされている優良サロンだと認識していた方も多いと思います。
ですがこの値上がりで高くなった料金をみると、どうやら状況は変わってしまったと言わざるを得ないんじゃないでしょうか?

ただ問題は、キレイモの値上がりして高くなった料金が、改訂されたプラン内容に見合うのかどうかです。
そこでまずは、キレイモの料金プラン改定の概要からおさらいしておきましょう。

もしも値上がりして高くなった料金が改訂内容に見合っていないと感じれば、その時はキレイモを諦めざるを得ません。



キレイモの料金プランの変更点

キレイモの料金プランの変更点は、以下の通りです。

    ■キレイモの料金プラン改定の概要

  1. パックプランの廃止
  2. 月額制の廃止
  3. 回数から完了期間への基準の変更
  4. 大幅な値上げ

脱毛業界では、割とよく料金プランの改定が行われます。
ただし大抵の場合、料金は値上がりします。
つまり、値上がりを伴う料金プランの改定は、値上げが目的とも解釈できます。

逆に、料金プランの改定で値上げをしないサロンやクリニックも見られます。
例えば、銀座カラー(2019年4月)やリゼクリニック(2020年2月)です。
ですが今回のキレイモの料金改定は消費増税後という背景もあり、便乗値上げと捉えられてもおかしくありません。

それでも納得できるポイントがあるのかどうか、各プランの変更点をチェックしてみましょう。
もしもキレイモに値上がり分に見合う価値を感じなければ、その時は迷わず他社を選択するべきです。
参考のため、キレイモの代わりとなるサロンやクリニックもあわせてチェックしてみましょう。


キレイモよりパックプランが安いサロンやクリニック

キレイモの料金プラン改定前のパックプランは、回数を基準にしたプランでした。
契約終了地点を可視化できるメリットはありましたが、それを上回るデメリットがあったのも事実です。

  1. 何回を選べばいいか分からない
  2. 回数契約なのに有効期限が設定されていた
  3. 予約が取れない不満がなくならない

キレイモの今回の料金プラン改定では、これらすべてが解消できます。
なぜなら契約の基準を、回数から完了までの期間に変更したからです。
ですが気を付けたいのは、変更点が値上がり分に見合うかどうかです。

例えば1年で8回の施術が受けられると謳っていますが、237,800円が妥当かどうかはよく考えなければいけません。
施術間隔は、これまでと変わらない1.5ヶ月から2ヶ月周期です。
施術時間が短縮されたわけでも営業時間が長くなったわけでもないので、予約枠も増えません。
もちろん店舗が一気に激増したわけでもないので、予約の取りやすさも以前と同じです。



つまり値上がりで料金が高くなっても、中身は以前と何も変わっていないんです。



もう少し突っ込んだ話をすると、キレイモは「予約が取りやすい」とアピールしていながら、口コミではよく「予約が取れない」といった投稿もされていました。
この不満を解消するために、値上げによって新規契約者数の抑制を図っている可能性すら考えられます。
だとすれば、キレイモでは契約しないことがお互いにとっての最善策なのかもしれません。

そこで、もしもキレイモを選択肢から外すとなると、代わりを見つけなければいけません。
もちろん、料金はキレイモより安いことが条件です。
そして今のキレイモは、料金だけなら医療脱毛と遜色ありません。
キレイモのパックプランの代わりとなるサロンやクリニックは、以下の通りです。
銀座カラーは2019年12月の料金改定の際に248,000円に値上がりしたので、除外しました。


キレイモのパックプランの代わりとなるサロンやクリニック

サロン名 プラン 料金 単価
キレイモ 1年8回コース 237,800円 29,725円
ラココ 5回(顔・VIO込み) 79,000円 15,800円
ストラッシュ 6回 95,760円 15,960円
フレイアクリニック 5回(顔・VIOなし) 158,000円 31,600円
リゼクリニック 5回(顔・VIOなし) 248,000円 49,600円

ラココの特徴

ラココ まるごと全身脱毛コース 料金

ラココのまるごと全身脱毛コースなら、回数は5回ですが、キレイモのパックプランの代わりになります。
ちなみに、「顔」と「VIO」の有無はそれぞれ選べます。

キレイモは顔の施術範囲が充実していますが、眉間や小鼻は含まれていません。
ですがラココでは、眉間や小鼻も標準で含まれています。

また、全身脱毛月額3,000円コースなら、金利手数料ゼロでの分割払いが可能です。

ラココはSHR方式のルミクス脱毛による施術で、他にも以下のような特徴があります。

    ■ラココのその他の特徴

  1. 月イチペースで通えて完了が早い
  2. 産毛にも効果が落ちない
  3. 日焼けした色黒の肌でも安全に照射可能
  4. 低温なので痛くない
  5. SHR方式では一番店舗が多い

店舗数こそキレイモには及びませんが、それ以外で劣るポイントは何もありません。
キレイモのパックプランの代わりとしては、一番おすすめできます。


La coco(ラココ
<ラココの料金はキレイモの約3分の1!>
【ラココ】の無料相談に予約
※月額3,000円コースなら支払いは更にラク!

ストラッシュの特徴

ストラッシュ 6回パック 料金

ストラッシュもこれまでのキレイモと同じようにパックプランでの契約が可能なので、代わりが務まります。

ストラッシュはラココと同じSHR方式ですが、使っている脱毛マシンが違います。
ストラッシュではIPL方式も併用した施術なので、SHR方式だけでは味わえない「抜け感」が実感できます。
また、IPL方式はキレイモでも採用されている施術方式で、肌を活性化させる作用があります。
ワキやヒザ、デリケートゾーンの黒ずみ改善にも効果的です。

    ■ストラッシュのその他の特徴

  1. 月イチペースで通えて完了が早い
  2. 産毛にも効果が落ちない
  3. 日焼けした色黒の肌でも安全に照射可能
  4. 低温なので痛くない
  5. IPL方式との併用

店舗数はラココよりも少ないですが、キレイモの代わりとしては申し分ありません。
オプションのエレクトロポーションは、イオン導入の20倍の効果があると言われています。


ストラッシュ
<ストラッシュの料金はキレイモの半額以下>
※5年連続!医療関係者が選ぶNo.1脱毛サロン

フレイアクリニックの特徴

フレイアクリニック

フレイアクリニックは医療脱毛でありながら、サロン並みの低料金でおすすめのクリニックです。
月々5,400円はクリニックでは一般的な顔とVIOを含まない全身脱毛の月額料金ですが、一括払いの場合はたったの158,000円です。
もちろん、顔とVIOのどちらかを含めることもできますし、両方を含めることもできます。

医療脱毛はサロンよりも効果が高いので、キレイモの8回で237,800円よりもはるかに高コスパです。
施術方式は蓄熱式レーザー脱毛で、ラココやストラッシュのSHR方式のレーザー版です。
光よりレーザーの方が効果は高いですが、だからといって痛みが強くなることはありません。
フレイアクリニックなら、痛みを伴わずに効果の高いレーザー脱毛を受けられます。

残念なのは院数の少なさで、通える範囲内にないかもしれません。
まずは近所にあるかどうかを確認してみましょう。


フレイア月々5,400円
<キレイモより安くて効果が高い医療脱毛!>
※近所にあるかまずチェック!

リゼクリニックの特徴

リゼクリニック

リゼクリニックはフレイアクリニックほど低料金ではありませんが、それでも料金はキレイモと同等で、5回プランでも差額は11,000円しかありません。
3回プランなら149,800円で、キレイモより安く医療レーザー脱毛を受けられるうえに、より高い効果が期待できます。
ただし顔とVIOを含める場合は料金が上がるので、施術範囲は吟味する必要があります。

また、リゼクリニックでは3種類の脱毛マシンを導入しているのでいろんな毛質や肌質に対応できますが、機種の指定はできないので、部位によっては痛みを感じる場合もあります。
リゼクリニックはフレイアクリニックよりも院数が多いので、キレイモの代わりになりやすいクリニックです。


スタンダード月額
<キレイモと同等の料金で医療脱毛が!>
※3回プランでも契約可!

キレイモ以外で月額制がおすすめの脱毛サロン

キレイモの月額制は、ローンを組まない月謝タイプでした。
月謝タイプの月額制ではキレイモがダントツにおすすめだったので、今回の廃止は残念でなりません。
ローンを組まない月謝タイプの月額制は元々少数派だったので、代わりが務まるのは以下の3社のみです。

ちなみに、2020年2月現在、キレイモの月額制は早くも「U-19応援プラン」と名称を変えて復活しています。
名称からも分かりますが、契約できるのは未成年者のみです。


キレイモの月額制の代わりとなるサロン

月額制の特徴 ストラッシュ 脱毛ラボ 恋肌
月額料金 7,980円 1,990円 1,409円
一度の施術範囲 4分の1 4部位 5部位
施術ペース 1ヶ月に2度 1ヶ月に1度 1ヶ月に1度
シェービング代 1,000円 1,000~1,500円 1ヶ所800円
全身6回の所要期間 12ヶ月 84ヶ月 72ヶ月
全身6回の料金 95,760円 167,160円 101,448円
シェービング代×施術回数 12,000円 87,000円 288,000円
6回の支払い総額(割引前) 107,760円 254,160円 389,448円
割引 初月無料 16ヶ月無料 12ヶ月無料
6回の支払い総額(割引後) 99,780円 222,320円 372,540円
予約の繰り越し 不可 不可 不可



ローンを組まない月謝タイプの月額制では、ストラッシュ以外おすすめできません。
全身1回完了までに2ヶ月に4度通わなければいけませんが、脱毛ラボや恋肌の月額制よりもはるかに現実的なプランです。


ストラッシュ
<月額制で唯一のおすすめ!>
※5年連続!医療関係者が選ぶNo.1脱毛サロン

キレイモのスペシャルプランよりおすすめな脱毛サロンやクリニック

キレイモの今回の値上げで、もっとも新規契約者を増やしたくない思惑が透けて見えるのが、このスペシャルプランです。
何せ20万円以上も値上がりしているので、キレイモに562,000円も払って一生通い続けるくらいなら、永久脱毛ができるクリニックの5回で契約した方が安いですし、より高い効果が期待できます。

医療脱毛は痛みが気になるので脱毛サロンの全身通い放題の方がいい、って方は、シースリーのプレミアム全身脱毛一択になります。
ストラッシュの無制限コースは5年間限定ですし、銀座カラーの脱毛し放題は2019年12月に廃止されました。


シースリーの特徴

シースリー

シースリーは全身脱毛専門店の中でも、特に芯がブレない印象が強いサロンです。
過去には料金の改定も行われましたが、長期間にわたって、一生通い放題できる「プレミアム全身脱毛」を軸に据え続けています。
一生通い続けてさえいれば効果は持続するので、ムダ毛が復活する心配はなくなります。

気になる料金ですが、キレイモの562,000円に対して、シースリーの全身脱毛通い放題は、  円です。
しかも支払い方法も良心的で、一括払いの他に「月額6,900円」「9ヶ月後の一括もしくは二括払い」もできます。
ちなみに、月額払いの場合の金利手数料は、シースリーが全額負担してくれます。


全身脱毛
<一生通い放題できる唯一の脱毛サロン!>
※金利手数料ゼロで月々6,900円

該当サロンやクリニックが近所にない方には家庭用脱毛器「ケノン」

ケノン 使用イメージ

キレイモよりおすすめなサロンやクリニックをご紹介してきましたが、「近所にないよ」って方も多いかもしれません。
そんな方におすすめなのが、家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器は家電量販店などでも購入できますが、私がおすすめしたいのは「ケノン」

※この記事は、アフィリエイト・プログラムに基づいています。

一番の理由はなんといっても、顧客満足度の高さです。
★3~5の評価が、137,000件を突破しています。(※2020年2月5日集計)
こんなにも高く評価されている秘密は、主に以下の5つ。

  1. 日本の大手メーカーが製造したケノン専用の特注品で安心
  2. 肌が特に敏感な日本人の為の肌に優しい日本製の脱毛器
  3. コスパに優れたカートリッジ式で照射数も多い
  4. 照射面積が広く片ワキなら10秒で完了
  5. 美顔器としても使えてエステ並の本格的「光フェイシャル美容」が自宅で出来る

ひとりでは背中など一部の部位には手が届かないデメリットはありますが、それでも家にいながらほぼ全身の脱毛ができます。

また、サロンやクリニックでは予約が必須ですが、必ずしも希望通りに予約が取れるとは限りません。
そして、お子様連れの入店に対応しているサロンやクリニックはほとんどありません。
そのため、小さなお子さんがいらっしゃる場合には、なかなか脱毛に通うことができません。

ですがケノンなら、サロンやクリニックが近所にない方でも、お子さんがいて脱毛に出かけられない方でも、ご自宅でサロン並みの脱毛ができます。

気になるケノンの料金は69,800円(税込)。
もちろん、サロンやクリニックよりも、断然リーズナブルです。

<自宅にいながら全身脱毛!>
ケノンの販売ページ
※脱毛したいすべての方におすすめです

まとめ

キレイモの値上がりした新しい料金プランについてご案内してきましたが、いかがだったでしょうか?
今回の値上がりによって、キレイモのおすすめ度はガタ落ちです。
値上げ幅が異常なうえにプラン内容の変更点は名称程度しかなく、見返りなんて実質ゼロだからです。

「U-19応援プラン」や「平日とく得1年プラン」が追加されましたが、失敗のリカバリーや後悔の念の表れにしか見えません。

今後の脱毛サロンの勢力図が一変しそうな予感さえ感じるのは、私だけでしょうか?